自己修復中のたわごと

日々食べたものの記録と雑感など

谷町四丁目 AVERLA

4/28(月)の夜は、会社の後輩と総勢3名で、以前後輩がランチした時においしかったとの証言を元に谷町四丁目のイタリアン「AVERLA(アヴェルラ)」へ。

店構えは喫茶店みたいなのだが、中へ入るとカウンターと4人掛けのテーブルが2つの店内はそれなりにイタリアンの空間になってる。
シェフお一人で切り盛りされている(たまに奥さんが手伝いに来られるらしい)ためか、メニューは前菜、パスタ、メインとあるが、それぞれの選択肢は少し少なめ。

前菜盛り合わせとパスタを3種オーダー。
ドリンクは最初ビールでその後ワインを1本いただく。

前菜盛り合わせは価格を考えると大サービスのボリューム。
味は洗練されたものではなくオーソドックスだけど、価格的にも(たぶん3人前で\1,000強だと思う)十分納得できるもの。

パスタは「春野菜と白身魚(手打ち麺)」、「濃厚カルボナーラ」、「仔羊と万願寺唐辛子のラグーソース」の3種。
全体的にこじんまりまとまっていてパンチはないけど、逆に言うと大きくハズレもないという印象。
カルボナーラは濃厚というほどでもなく、卵の味が前に出ていてチーズの風味が弱い(後輩いわく「卵かけごはんを食べてる感じ」)。

その後ピッツアを1枚オーダーして(このピッツアが手作り感アリアリなんだけどうまかった)、各自お茶を飲んでお会計は約\9,000。

ワインも品揃えが少ないし、まだまだ本格的なイタリアンと言うにはおこがましいスケールの店だけど、シェフのお人柄もよくこれからがんばって欲しい店。
会社帰りに少しごはん食べて帰るという用途にはなかなかいい店だと思う。






200804281954.jpg



200804282010.jpg



関連記事
コメント : 0
トラックバック : 0

コメント