自己修復中のたわごと

日々食べたものの記録と雑感など

丸の内 RIGOLETTO

ハチワンダイバーなかなか面白い。でも、最新巻(7巻)からよくあるバトル漫画になりそうでちょっと不安

---

5/4(日)の夜、某嬢と合流して新丸ビル7Fの「RIGOLETTO WINE AND BAR」へ。
スパニッシュ&イタリアンの店で、前々日にも一度のぞいたのだが満席&多数のウェイティングであきらめた店だ。

19時前という比較的早めの時間でもやはり満席。
ただ、ウェイティングするためのバーカウンターには空きがあるとのことだったので、まずはバーカウンターに陣取り、フロアに空きがでたら移動することに。

バーカウンターは眼前に東京駅近辺の夜景を望むことができるロケーションで、8~10人ほど並ぶことができる長さ。
出されたドリンクメニューを見ると、ハートランドが\500、ワインもハウスワインがグラス\420と、新丸ビルというオシャレスポットにある店なのにドリンクが非常に安い。

ひとまずは私はハートランド、某嬢はカクテル系でスタート。ハートランドはロケーションを考えると、この量で\500は安い。
その後15分ほどバーカウンターで過ごした後、フロアに空きがでて席に通された。

席に着いてフードメニューを見ると、タパスは全て\300で、パスタやピッツアなども\600~と低価格。
ひとまず「豆あじのマリネ」、「新鮮タコとセロリのセヴィーチェ」、「きたあかりのローストポテト」を所望したが、出てきたタパスは味、ポーションともに満足できるもので、このロケーションでこれらのタパスを\300で出すのは素晴らしい。

フロア内は天井が高くガヤガヤしているが不快なざわめきではなく、楽しく談笑している客の穏やかな熱気がフロアを支配している。
インカムを着けてフロアを忙しそうに歩き回るスタッフの方々も、キビキビと動きながらもウイットは忘れないし、非常に気持ちいい接客をしてくれて好印象。

私はワインをグラスで飲んだ後、スパークリングへ移行。このスパークリングもイタリア物、スペイン物をそれぞれグラスで\700くらいで出してくれる。

某嬢と話し込みながら2時間ほど過ごして、お互い5~6杯ずつ飲んでお会計は約\7,000弱。
しかし、このロケーションでこの安さ。店内の雰囲気やシステムといい、わかった人がプロデュースしてるんだろう。
混んでるけどおすすめ。また行きたいな。






200805041934.jpg



関連記事
コメント : 0
トラックバック : 0

コメント