自己修復中のたわごと

日々食べたものの記録と雑感など

京町堀 L'API

昨夜は飲んでない。丸一日一滴も飲まない日って5~6年ぶりだ

---

今日のお昼は時間が取れたので、うつほ日記さんや続・関西OLうまうま日記さんでよく紹介されている京町堀のイタリアン「L'API(ラピ)」に初訪問してみた。
以前この近辺を通ったときに場所はチェックしておいたのだ。

土日のランチタイムはかなり混雑するそうなので、平日でも早めの時間に行こうと思い店に着いたのは11:35頃だったのだが、私が最初の客だった。
店内は空間がゆったりと取られていて、ファニチャーや小物などもシンプルで趣味のいいものが揃えられている。

ランチ(\1,000)は前菜 + フォカッチャ + パスタ + デザート or コーヒーという構成で、前菜は緑えんどう豆のスープ、パスタは「黒ダイとセロリのスパゲティ」・「ベーコンと新たまねぎのスパゲティ」・「豚バラ煮込みの手打ち麺(タリアテッレ)キンカン風味」という選択肢だったので、店独自のものを食べてみようと手打ち麺をチョイス。
\2,000でセコンドのついたランチメニューもあると聞いていたのだが、店内にはそのような表示はなかった。

スープは豆の青い香りがとても食欲をそそる。出されたとき量が少ないかな?と思ったが適量でいい味だ。
続いてパスタを一口…。これはおいしい!
食べるほどにおいしくなっていく。フルーツ系が混入されたおかずモノ(酢豚にパイナップルなど)はあまり好みではないのだが、豚バラのじゅわっとしたうまみにキンカンの風味がとても合っている。

また一緒に出されるフォカッチャがホフホフ感たっぷりで、パン好きではない私にもとてもおいしく感じる。
パン好きにはたまらないんだろうな。

食後はデザートかコーヒーかの選択だが、デザートが「ミルクジェラート 苺ソース」だったのでジェラートをチョイス。
濃厚な味のジェラートに甘いけど爽やかな苺ソースが楽しませてくれる。

ウワサどおりいい店だ。ランチにもまた来たいけど、一度ディナーでいろんな料理を食べてみたい。
夜のメニューをチラッと見てみたのだが、価格もバカ高くないし、コストパフォーマンスのいい食事ができる予感がする。
セコンドつきのランチメニューはもうやってないのかな。もう少しお金を出してでも、ギッシリとしたランチを食べてみたい。

パスタの写真は撮ったけど、湯気でモワモワの写りになってしまったので今回は写真はなし。
関連記事
コメント : 0
トラックバック : 0

コメント