自己修復中のたわごと

日々食べたものの記録と雑感など

神戸 チーズハウス・ヤルゴイ

いろいろ詳しくエントリを作成したいのですが、ネタがたまっている関係上ダイジェスト更新です

---


5/16(金)は代休で会社を休んで、ずっと以前から行きたかった神戸は弓削牧場の「チーズハウス・ヤルゴイ」へ行った。

多分ワインを飲むことになるだろうと、電車とバスで現地に向かう。
バス停からはのんびり歩いて10分強で現地に到着した。

この日は事前に予約をしておいたのだが、団体のチーズセミナーの予約が入っていたので、席は窓際のカウンター席だった。
カウンターとはいえ、正面の窓からは緑がたくさん見えるのでとても気分がいい。

オーダーはせっかく来たし豪勢に行こうと、「チーズのフルコースメニュー」(\3,900)をお願いした。
食前酒はいろいろ選択肢はあったが、私は白ワイン、同行の某嬢は赤ワインをチョイス。

ワインをなめていると最初の料理「カマンベールチーズ」と「生チーズの冷奴風」が登場。
冷奴風は生チーズの上にスライスオニオンが乗せられており、それにスダチを絞って醤油をかけていただくのだが、これがまたそのまんまの味なんだけど非常においしい。

その後「キッシュフィーヌゼルブ」、「自家栽培の摘みたてハーブサラダ」と食べ進んで、「牧場の丸パン(この日はキャラウェイシードとクルミの2種類だった)」と共に、本日最も楽しみにしていた「ホエー(乳清)シチュー」が出てきた。

ホエーのシチューは思いのほか塩味が効いていて酸味もあるが、奥深くやさしい味。
具の野菜も非常に味が濃くておいしい。
これは定期的に食べたい一皿だな。

メインは私は「地鶏のハーブ焼き」、某嬢は「コールドビーフの生チーズ添え」をチョイス。
どちらにも生チーズが添えられており、チーズと共に食べると肉の味に深みが出るようでこれまた非常に気に入った。これから家で鶏を焼くときも生チーズを添えるようにしよう。

最後のデザートに「レアチーズケーキ」と「ダンジュ」、ハーブティーをいただいておいしく完食。
思いのほかチーズばっかりって感じでもなかったし、フレッシュ系のチーズがほとんどで熟成系のチーズは少ないけど、やっぱ来てよかった。
クルマでも来れるんだけど、こういう場所には電車でのんびり来るのもいいもんだな。ワインも飲めるし。






200805161130.jpg



200805161131.jpg



200805161137.jpg



200805161142.jpg



200805161152.jpg



200805161153.jpg



200805161215.jpg



200805161216.jpg



200805161234.jpg



200805161235.jpg



200805161304.jpg



関連記事
コメント : 0
トラックバック : 0

コメント