自己修復中のたわごと

日々食べたものの記録と雑感など

宜野湾 キングタコス

マジダイエットのための施策その1 - 体組成計を買って毎日計測をスタートしました

---

5/23(金)の14時に那覇に到着。
天気予報では曇り時々雨だったのだが、思いのほか雲は薄く雨も降る気配はない。
レンタカーを借りてさっそく高速に乗り込んで北上する。

この日は朝起きてから何も食べていなかったので(もちろん計画的にだが)、空腹で目が回りそうになりながらクルマを走らせる。
こんな空腹を抱えているときこそ食べたいもの、私にとってそれはキングタコス(通称キンタコ)のタコライスなのだ。

しかし、この時点で時間は15時前。金武にあるキンタコの本店までは遠いので、西原IC降りてすぐの「キングタコス長田店」(場所としては宜野湾市にある)に向かうことにした。

キングタコスの本店以外の店舗に行くのは初めてだが、15:30頃に到着してみると長田店もいいヤレ具合で雰囲気もバッチリ。
ここは入り口すぐの食券販売機で食券を買い求め、店員のお姐さんに渡すと番号札をもらえるので、それを持って席で待つという仕組み。

この日のオーダーは「タコライスチーズ野菜」(\600)と「コーラ」(\150)。
「タコライスチーズ野菜」は、ごはんの上にタコスミート、その上に千切りのレタス、そしてゴーダチーズといういわゆる「全乗せ」だ。
それぞれの具材は\100でダブルアップもできるが、今回はデフォルトの構成にしておいた。

自分の番号を呼ばれたのでいそいそとカウンターに向かい、トレーを受け取ってまた席に着く。
久々に対面したキンタコのタコライスは、小高い山のような盛り具合。
単に「ごはん盛って上に具を乗せました!」というだけのデコラティブな要素はまったくないプレートだが、そこがまたすがすがしく思える。
後から知ったのだがこの界隈は学生が多いそうで、この店は他のキンタコより盛りがいいそうだ。

タコライスと一緒に出してくれるサルサソースをブビビッとかけて、チーズと野菜、タコスミートを混ぜてからスプーンで一口。

やはりここのタコライスはうまい。サルサソースはそれほど辛くなく酸味控えめで胸に焼けないし、レタスもクリスピーでベシャベシャしてないので軽い食べ口だ。
しかし、この量。いったいこの1食で何キロカロリーあるんだろうか…。

前半は久しぶりの対面に狂喜して無我夢中で食べてしまったが、後半からは冷静さを取り戻してじっくりと味わうことに専念する。
過去食べた時には思わなかったけど、結構タコスミートの味は濃いな。前半は混ぜにくいのでどうしてもタコスミートの量は少ない配分で口に入るのだが、後半は結構タコスミートが多めになるのでクドめになってしまう。
一度ボウル状の容器でワッサワッサとまんべんなくまぜまぜして食べてみたいな。

その後も随時サルサソースをかけながらサクサクと食べ進めて、苦もなくスルッと完食。
長年再会を恋焦がれていた一品だったし、空腹の極限にいたのでその分満足度は底上げされているけど、やはりここのタコライスはうまい。

ある意味これを食べた満足感だけで飛行機代の元は取ったかも。
次回いつ来れるかな…。






200805231541.jpg



200805231542.jpg



200805231551.jpg



関連記事
コメント : 0
トラックバック : 0

コメント