自己修復中のたわごと

日々食べたものの記録と雑感など

豊中 晴山閣

今日はゆっくり更新

---

今日のランチは豊中の中華「晴山閣」へ。
15年ほど前からずっと通ってる店だが、M三郎さんがお店に行かれてblogに書かれていたので、久しぶりに名物の「ニラそば」が食べたくてクルマで店へ向かった。

12:10頃店に入ると先客は奥のテーブル席に一組のみ。実はランチタイムにこの店に来るのは初めて。
「ニラそば」(\940)と餃子(\500)をオーダー。
カウンターに座ったので厨房の中の星一徹似のオヤジさんの動きがよく見える。

この店を知ったのはこの店の近くにあった病院に入院したときだった。
病院を抜け出して散歩途中に見つけた店で、店構えにひかれたのか入院食に飽きてたのか、フリで入ってからハマってしまい、それ以来よく通っている。
当時は今の場所ではなく道を挟んだ斜め前に店を構えていた。

餃子とニラそばがほぼ同じタイミングで運ばれてきた。
ここの餃子は餡がたっぷりで、酢醤油ではなくこの店独自の唐辛子ペーストで食べるのが流儀だ。(辛いのが苦手な人は言えば酢醤油も出してくれる)

この唐辛子ペーストは名物のニラそばの味のベースにもなっている。
久々にニラそばを食べたが、最近ずっと辛いものを食べることが多かったからか、ほとんど辛くはなかった。辛めでオーダーすればよかったな…辛めでオーダーすると、例の唐辛子ペーストをどっさり追加投入してくれるのだ。
しかし、少し固めにゆでられもっちり腰のある麺とニラや白菜、もやしたっぷりの熱々のそばは相変わらずのおいしさだ。

私が食べている間に何組か来客があり、オヤジさんは忙しくなっている。
2ヶ月ほど前、急に何週間か店を閉めている時があったのだが、オヤジさんが体調を崩されていたのだろうか。
今のところ跡取りもいないようだし、この雑だけどオリジナリティあふれる店の味とずっと付き合っていきたいので体に気をつけてがんばってほしい。
といいつつ、夜の営業ではかわいいプラスチックのコップに日本酒を入れて、それをあおりながら働いているオヤジさんを見るのも好きなんだけど。

写真は餃子のタレ



関連記事
コメント : 2
トラックバック : 0

コメント

二代目が22年ぶりに帰りました。親父の味を受け継ぐべくがんばります。
どうぞよろしく今後ともお願いいたします。
雑なところは残したまま、、、

>二代目さん

え!二代目の方っていらっしゃたんですか?
私はこの店に通うようになって15年ほどなので全然知りませんでした

あの雰囲気を残したまま受け継いでいただけるとオヤジさんのファンとしては嬉しいかぎりです
また近いうちに寄せていただきますね