自己修復中のたわごと

日々食べたものの記録と雑感など

本町 コメダ珈琲店

プランターのナスを収穫して天ぷらにして食べました

---

5/31(日)の午後、クルマで大阪市内に出ることになったので、これ幸いと本町に先日オープンした「コメダ珈琲店」に立ち寄ることに。

このコメダ珈琲店は、名古屋を中心とした中部地方では一大勢力を広げるチェーン店なのだが、ずっと大阪には出店していなかった。
そんな中、この5/24(日)にオープンしたこの店は大阪初出店となるエポックメイキングな店で、オープンの一報を聞いてから早いうちに訪問しようと思っていたのだ。

近隣のコインパークに車を停めて店に入ったのが15時過ぎ。驚いたことに日曜日のオフィス街というのに店内は満席。
店内のキャパはそれなりにありそうだしすぐ席に着けるだろうと、ウェイティングシートに名前を書いて待つこと数分で無事席に着くことができた。

私がコメダに行ったのは2年ほど前に行った奈良中央店の1回のみ。
この日はそれ以来のコメダ訪問だが、お目当てはコメダ名物の「シロノワール」(\590)。
温かいデニッシュの上にソフトクリーム、お好みでメイプルシロップをかけるこのデザートをもう一度食べたいとずっと思っていた。
シロノワールはミニサイズとレギュラーサイズがあるが、知人も同行していたのでレギュラーサイズをオーダーして2人でシェアすることに。
ドリンクはアイスティー(\470)をお願いした。

名古屋らしくサービスのお菓子(豆菓子だった)といっしょにシロノワールが登場。
シロノワールの味って特にヒネリはなくて、どちらかと言えば組み合わせの妙だと思うけど、久々に食べるシロノワールは念願の叶った待望のおいしさ。
アイスティーはいかにも業務用のケミカルな味のするものだったのが残念。

この日満席状態のフロアではほとんどの客がシロノワールを頼んでいた。
今まで大阪で暮らしていてシロノワールの話をする人に出会ったことはないのだが、こんなに潜在人口が多かったのか、と少しビックリした。

ともあれ、便利な場所にできたしこれでいつでもシロノワールを食べることができる。
店内の雰囲気を見る限りコメダ直営ではなくフランチャイジーみたいだけど、このまま大阪の地に根付いていくといいな。





200905311521.jpg


200905311600.jpg


関連記事
コメント : 0
トラックバック : 0

コメント