自己修復中のたわごと

日々食べたものの記録と雑感など

南森町 鮨うろこ

こないだトラックを見かけた食材宅配の「トドクック」
なんでトドなのかはわかんないけど、このトドかわいいっすよね

---

6/19(金)の夜は、まゆさんusausaさん373さんと恒例のオフ会。

向かう店は以前から373さんに連れてってとおねだりしていた西天満の「鮨うろこ」
373さんが予約を取ってくれて以来、数週間にわたる鮮魚断ちを断行しての参戦。

今回堪能したのは「竹コース」(1人前\3,675)。飲み物は別なのでまずは全員生ビールで乾杯。
席に座ってジョッキに口をつけて、そのジョッキをテーブルに置くか置かないかのうちに料理がどんどこテーブルに運ばれてくる。

まずテーブルに並んだのが、「蒸しアワビ」(酢味噌で)、「茹でガニ」(土佐酢も付いてくるけどそのままでもうまい)、「生ウニ」(箱ごと出てくるので、スプーンですくって海苔と一緒に)と魅惑のラインナップ。
テーブルを埋める品々にどれから食べようか…と箸を動かしているうちに飯切りに入った刺身盛り合わせが登場。
この日の刺身盛り合わせは、ヨコワ、サーモン、アワビ(肝付き!)、伊勢エビ…と10種類くらいあったと思う。

カニの身をほじってる間はもちろんのこと、目の前に並ぶ品々を食べて行かないとという想いから各自黙ってもくもくと箸を進めている。
テーブルは基本的に沈黙に支配されていたけど、たまに聞こえてくる吐息は間違いなく悦楽の吐息だ。

その後は焼き物が登場。この日の焼き物は「さわらの味噌焼」と「さざえの壺焼き」。
貝殻の奥のワタを取ろうと全員が無言でサザエをこねくり回している風景は、ある意味シュールだった。

このあたりで全員結構食べてきたのでちょっと休憩…と一息ついていたら、なんと鍋が出てきた。
鍋は昆布だしがこっくり効いたベースの上に、これでもかと入っている魚の身と粗からのエキス、そして玉葱と長ネギからくる甘さが相乗効果を発揮する、どこかで食べたけどいつどこかで食べたかわからない心の中の原風景を頭に描かせる味。
いままでさんざん飲み食いしてきたのに、なんか味覚がリセットされてコンスタントに箸を伸ばすことができた。

そして全員満腹になったタイミングでなんと寿司と味噌汁が登場。
寿司は巻物(確か軽くしめた白身を巻いたものだった)と箱物(サーモン、バッテラ、穴子、うなぎなど5種)の盛り合わせ。
いやいや、もうこの状態で寿司なんか入らんでよ…、と思いつつつまんでみると、酢のアタリが柔らかであまりシャリを圧縮していない軽い食べ口の寿司は、あれれ?と思っているうちに全て食べてしまった。

最後はデザート(この日は完熟を通り過ぎた熟れ熟れのメロンだった)をいただき、全員満腹で放心状態になりながら箸を置いた。
事前に373さんから「当日昼は軽めにしておくこと」、「飲まずに食べることに専念すること」ときつくお達しを受けていたけど、まさにその通りで飲んだり会話メインで場を過ごすと確実に残してしまうほどのボリューム。
目を見張るほど珍しかったり高価な魚介は出てこないし、手の込んだものも出てこないけど、思いっきり魚介を食べたいというニーズには圧倒的なコスパで答えてくれる店。
予約が取りにくいほど認知はされてないけどやはり知る人ぞ知る店らしく、この日は予約と思われる客でずっと店内は満席だった。

季節に応じて魚の種類が変わるくらいで基本的な構成はいつ行っても一緒だと思うし、短いスパンで通うと飽きてしまうかもだけど、魚介への想いを溜めに溜めて爆発させたいときには格好の店だろう。
かくいう私もしばらくしたら「うろこ行きてぇ~」と月に向かって吠えていることと思う。

聞くところによるとランチタイムのお寿司もお得らしい。
近いうちにランチタイムに訪問してみようと思う。
正直に申し上げれば、この日店を出た直後にはもうしばらく魚はいらんわ…と思ったのだが。





200906191844.jpg


200906191845.jpg


200906191849.jpg


200906191853.jpg


200906191922.jpg


200906191931.jpg


200906191950.jpg


200906191842.jpg


関連記事
コメント : 2
トラックバック : 0

コメント

はじめまして!

ここの料理めちゃくちゃおいしそうですねー。
まずはkeitさんの文章で食欲をそそられて
最後に写真でノックアウトされてしまいました。

是非とも私も行ってみたいお店になりました!

>おやぶんさん

はじめまして、コメントありがとうございます
お返事が遅くなりまして申し訳ございません

この店ほんとにおもしろかった&おいしかったですよー(この店に招待してくれた友達の373さんに感謝です)
魚好きなら一度は体験してみるべきなので、ぜひ訪問なさってください
ただし「要予約」「空腹で挑む」「飲まずにひたす食う」は鉄の掟と心得てくださいね(^^)