自己修復中のたわごと

日々食べたものの記録と雑感など

天満橋 キッチンはるにれ

さっきテレビで見た「ラクレットオーブン」がすげえ欲しい

---

7/6(月)のランチは谷町四丁目と天満橋の間にあるスープカレーの店「キッチンはるにれ」に初訪問。

今まで何度かトライしたけど満席であきらめていた店。
この日は12時少し前に訪問したが、空席はカウンターに3席ほどあるだけだった。

スープカレーは「チキンレッグ」、「骨なしチキン」、「ポーク角煮」、「ベーコン野菜」、「シーフード」の5種類で、シーフードが\1,050、その他は全て\900。
辛さはマイルド・普通・辛口の3段階からチョイスできるので、迷うことなく辛口をお願いする。
(後で調べたらその上の激辛もいけるそうだ)

辛口でもそれほど辛くないけど、スープは最初爽やかさを感じて、その後辛みを感じるつくりでかなりうまい。
テーブル上にカイエンヌペッパーとガラムマサラが置かれているので、辛さはそこでも調整できる。
野菜たっぷりかつヘルシーで、スパイス使いも全体的に重苦しくないので、頭に浮かぶのは薬膳とかデトックスとかのキーワード。
女性客が多いのはそのせいかもしれない。

ごはんにはカルティエに切られたレモンが添えられており、半分ごはんを食べたらごはんにレモンをかけると味が変わっておすすめだとのことだ。
ごはんは一度だけ無料でおかわりができるそうだが、この日は自粛。

個人的に気に入ったので、また再訪するつもり。
結構混んでるし早い時間にスープ切れで売り切れるそうなので、早めの時間に行くのがベターらしい。

スープカレーつながりなのか店主は大泉洋ファンみたいで、カウンターには大泉洋のスープカレーDVDのおまけの「スープカレーファンクラブ会員証」とか「鈴井貴之責任編集 大泉洋」の本もあった。





200907061205.jpg


200907061216.jpg


関連記事
コメント : 0
トラックバック : 0

コメント