自己修復中のたわごと

日々食べたものの記録と雑感など

天満橋 伊賀喜

ミントには思い出を保つ効能があるという言い伝えがあるそうです
なんだかとてもロマンチックですよね

---

7/21(火)のランチは、天満橋の鰻「伊賀喜」へ初訪問。

ずっと前に同僚だった女性が、東京出張からの帰りに新幹線で隣の席になったおっちゃんにナンパ(?)されて、「ここおいしいよ」と店の名刺をもらったという話を聞いて認知していた店。
前々日に少しだけ鰻食べて欲求不満に陥っていたので訪問してみた。
事前にネットで調べたら昼時は混雑するとのことだったけど、土用の丑の直後だからかコアタイムでも先客は3組のみ。

メニューは「うなぎ丼」(\1,300)、「上うなぎ丼」(\1,800)、「特上うなぎ丼(肝吸い付き)」(\2,600)がメインストリーム。
その中から奮発して「上うなぎ丼」と「赤だし」(\200)をオーダー。

出てきた上うなぎ丼はいい盛りのごはんの上にでっかい蒲焼きが2つ。
蒲焼きは箸で持ってみるとずっしりと重く厚みのあるボリューミーなもの。
いわゆる関西風の鰻で、食べてみるとそれほど脂っぽくなくて、ブリンブリンした身の弾力が愉しい。

タレは甘さも醤油の辛さも立っているけど、甘苦しくなくどちらかといえばシャープな印象で、タレのまぶさり具合も多すぎず好感が持てる。。
身のボリュームが結構あるので、2切れでもこの量のごはんに充分見合う量。
少し驚いたのは赤だしで、赤味噌の味のつもりで飲んでみたらなんだか西京味噌のような甘い味。
うーん、この甘い赤だしは私は苦手だな…。

少しひなびた店内の雰囲気も居心地がいいし、関西風の鰻を堪能できるいい店だと思う。
ブリンブリンの鰻といいシャープなタレといい、以前訪問した伊勢の「さし汐」を思い出させる。





200907211235.jpg


関連記事
コメント : 0
トラックバック : 0

コメント