自己修復中のたわごと

日々食べたものの記録と雑感など

中津 豊崎慕情

訪問のアポを13時で設定する人ってセンスないですよねぇ

---

12/28(月)の夜、中津付近での仕事を終えて直帰体制に。

少し飲んで帰ろうと近辺を散策したところ、大通りから裏に入ったところにひっそりと営業している立ち飲みを見つけた。
立ち飲みと言っても最近出来たらしい普請で、店頭の看板には「立呑みですがいやします」の文句。
これは面白そうだと、その店「豊崎慕情」に潜入してみることにした。

店は4人が立って囲めるテーブルが5つほどとカウンターといったレイアウト。
席と席の間隔はかなり狭いけど、イライラするほどではない。
1人でカウンターにとりつくと、おしぼりと一緒にワンショットのウコン茶を出してくれた。
このウコン茶は無料で全員に出してるみたいだけど、なかなか面白いアイデア。

一通り店内を見回し壁書きをチェックして、まずは「エビス中瓶」(\400)と「三田牛 極上ホルモン」(\550)、そしてこの日の黒板メニューから「ベトナム風サクサク海老春巻き」(\350)をお願いした。
フードは手作り感アリアリで好感が持てる出来。ホルモンは\550と立ち飲みのアテとしては高価格だけど、メニューには\200~\300の一般的な立ち飲みメニューもあるみたいだ。

その後麦焼酎の「泰明」(\400)を水割りでいただくことに。
焼酎のラインアップは多数用意されており、高すぎない適正な価格で出されているので焼酎好きにもフィットすると思う。

この日は少し飲んですぐに帰るつもりだったので、以上でお会計は\1,700。
店は3人ほどの若い女性ばかりで切り盛りされており、いい意味での素人っぽさが心地いい。これが癒しの一つの要因なのだろう。
何より店名の「慕情」という言葉が心を静かに震わせるじゃないか。

私がフリの初見客だったからか、帰りは玄関先まで店員さんが見送ってくれた。
なかなか中津で飲むことはないけど、なかなかいい立ち飲み処。また機会を作って再訪したい店。





200912281842.jpg


200912281847.jpg


200912281916.jpg


関連記事
コメント : 0
トラックバック : 0

コメント