自己修復中のたわごと

日々食べたものの記録と雑感など

セブンイレブン 広島つけ麺

父の日ということで実家に帰ってきました

---

夕方帰宅して飲むものを買いに自宅近所のセブンイレブンに行って、何気なしにお弁当コーナーを見てみると、「広島つけ麺」(\460)なるものを発見。

この広島の「つけ麺」(ご当地では「冷麺」とも呼ぶそうだ)は、だいぶ前にその存在を知りずっと食べてみたいと思っていたのだが、去年出張で広島に行く機会があり、その際に無理矢理スケジュールを工面して食べた思い出の一品だ。
あれからもまた食べてみたいと思っていたところだったので、普段はコンビニで食事を買ったりはしないのだが、今日の晩ごはんはこれに決定。

基本的に広島のつけ麺は冷たく冷やした中華そばに「野菜(主にキャベツ)たっぷり」・「ゆで豚入り」・「ごましょうゆベースのタレ」・「タレに入れる唐辛子の量はオーダー可能」というのがスタンダードな形で、このセブンイレブンのつけ麺もそのスタイルを踏襲している。

具と麺は別盛りになっているので具を麺の上に載せると見た目なかなか具沢山で豪華な感じ。
タレについている唐辛子とラー油はもちろん全入れする。

食べてみるとなかなかに辛くてうまい。コンビニで出してるものだしそれほど辛くないだろうと思って唐辛子とラー油を最初から全部入れたが、なかなかキックのある味だ。
ボリュームもそこそこだし、コンビニで売ってるものにしてはなかなかいいな。今度また食べようと思う。

パッケージ




盛り付け例



関連記事
コメント : 0
トラックバック : 0

コメント