自己修復中のたわごと

日々食べたものの記録と雑感など

阪急八番街 中央軒

携帯換えると写真が全然ちがうな

---

今日のランチは梅田から会社に戻る合間に食べることに。
北新地まで行って店を探索する時間はなかったので、店頭の冷やし中華のポスターにひかれて阪急八番街の「中央軒」に入ってみた。

この中央軒は大阪市内いろんなところに店があって、皿うどんやちゃんぽんがおいしいので何度か入ったことがあるが、阪急八番街のこの店に来るのは初めてだ。
入る前は店内はもっと広いと思っていたのだが、入ってみると結構狭く、全部で20席くらいしかない。

12時前に入ったので店内には4人しか先客はいなかった。
席に着いて「特製冷やし中華セット」(小焼きめし付きで\1,260)をオーダー。
小焼きめしなしの単品(\980)にするかどうか迷った結果、空腹だったので焼きめし付きを頼んだのだが、価格的に少し贅沢したかと反省。
でも冷やし中華を食べるのは今シーズン初めてなのでなんだかウキウキしている自分に気がついた。個人的に冷やし中華は「ひやっちゅう」と脳内変換して呼称しているフェイバリットメニューなのだ。

出てきた冷やし中華はなかなか盛りがよく、タレの味もある程度下品さがあってうまい。
具はエビ・ハム・キュウリ・薄焼き卵・くらげ・もやし・トマト・紅しょうが・ゆで卵といったところか。麺もシコシコとしていて好みの麺だ。
麺がこんもりと山になっているので、かなり麺が多いなと思って食べていると麺の山の中には氷が入っていたので少しがっかり。
焼きめしは少し油っぽいがパラパラとしておりなかなかいい感じだ。
この内容で\980くらいならうれしいんだけどな…

氷でかさ上げされた麺に少しがっかりはしたが、食べてみると結構ボリュームがあってお腹いっぱいになって店を出る。
店を出たのは12:15頃だったが、店先には6人ほどの行列ができていた。



関連記事
コメント : 0
トラックバック : 0

コメント