自己修復中のたわごと

日々食べたものの記録と雑感など

箕面 天ぷらの山

着実に前進はしてると思うんだけど

---

今日は長雨も一段落して貴重な日光が拝めそうなので、早起きして布団を干して洗濯を終える。
家事を片付けて今日向かうランチは、以前どこかで聞いて気になってた箕面の天ぷら「天ぷらの山」だ。

クルマを出して新御堂筋を北上。途中事故渋滞につかまったが11:40頃店に到着。
地図を頼りに初めて行ったのだが、店の近くには「天ぷら」と書かれたのぼりがたくさん出ており、すぐに場所はわかった。
店の前が駐車場(10台くらい停めれる)になっていたので、クルマを停めて店内へ。

入り口を入ると目の前に食券販売機が二つ。先に食券を買って店内に入るシステムらしい。
メニューは各種定食と単品の天ぷらに分かれており、定食は\690~\1,000の価格帯。
その中でも一番人気らしい「山定食」(\890)の食券を買う。

食券を持って店内に入ると、カウンター主体で清潔な空間が広がっていた。店員さんも若い方ばかりで活気ある雰囲気。
先客は4人組が一組だけだったが、私は一人なのでカウンターの揚げ場がまん前に見える場所に座る。

食券を渡し、背後にある給茶機からセルフサービスでお茶を入れる。
天ぷらは通し揚げなので目の前の揚げ場で正社員らしき若い方が私の天ぷらを揚げている。
この店は博多風の天ぷらをウリにしており、天ぷらは揚がったタネから順に出してくれるとのことで、この方式は博多ではポピュラーらしい。

そのうちに私の目の前に天ぷらを乗せるバットとごはん、味噌汁が出てきた。
私もカウンターの上の食べ放題のキャベツとニンジンの浅漬けを小皿に取ってスタンバイする。

すると店員さんが揚がったタネを持ってきてくれて私のバットに置いていってくれる。
最初は全7品のうちイカ、エビ、豚ロース、ピーマンの4品が置かれた。
全部揃うのを待っていると冷めちゃうので、このタイミングで携帯で写真を撮った。

天ぷらを食べてみると、衣は羽がたくさんついたサクサクのものではなく、少しぼったりとしたつき具合。天つゆも少し濃い目の味なのだが、これはこれでうまい。
イカも豚ロースも大きめなのだがうまく揚がっていてとてもおいしい。

そのうちに残りの3品のナス、かぼちゃ、キスがバットに置かれる。
どのタネもみんなおいしい。天ぷらとともにごはんもどんどんなくなっていく。

あえて残念な点を書かせてもらうと、まずごはんが少ない点。おかわりができるかどうかわからなかったので店内におかわりの料金等を書いておいてほしい。
あと、店のHPには「大根おろしたっぷりの天つゆ」って書いてあるけど、どう見てもたっぷりとは言えない量だった。油モノを食べた後の消化にもいいのだし、大根おろしは取り放題にすべきではないだろうか(店員さんに言えば追加できたのかもしれないけど)
最後に、まだ回転してから日が浅い(5/26にオープンしたらしい)のでしょうがないが、バイトの皆さんのオペレーションが少し悪かったのが気になった。

しかし、結構この店気に入ったかも。この値段でこの内容はお値打ちだと思う。
私が食べている間にもどんどん客が入ってきて、私が帰る頃(12時過ぎ)には50席くらいの店内は7割方埋まっていたし、店から出て見ると駐車場もほぼいっぱいになってた。これはそのうちブレークするんじゃないだろうか。



関連記事
コメント : 0
トラックバック : 0

コメント