自己修復中のたわごと

日々食べたものの記録と雑感など

学園前 王楽園

もう今年も12月
あと1ヶ月全力で仕事しないぞ

---

11/3(木)のランチは、奈良の学園前駅前の西安料理「王楽園」に初訪問。

毎月最終金曜日の夜にNHKでやってる番組を見て知った店で、本場っぽい麺をいただけるようで気になっていたのだ。

テレビでやってたのは「辣子麺」と「ビャンビャン麺」。
辣子麺は汁なし和え麺、ビャンビャン麺は一反木綿のようなラザニアのような平べったい麺を肉味噌で和えたもの。
この日いただいたのは「辣子麺」(\735)の「大盛り」(\105up)。
辛さを指定できるのでもちろん「辛口」で。

辣子麺は麺の上に炒められた各種野菜がかけられており、その上には唐辛子や花椒が振りかけられている。
よく混ぜて食べてくださいと言われまぜまぜして食べてみると、少し酸味があってまったりしたタレに麻と辣の風味がかぶさってくる。
辛口でも私にはさほど辛くないけど、いろんな野菜で食感が変わるので最後まで飽きずにいただけるうまい麺。

メニューを見ると一般的な中華料理の他にも西安ならではと思われる品々もちらほら見受けられる。
もう一つのビャンビャン麺も気になるので、また奈良に行ったら途中下車してみよう。





201111031306.jpg


201111031307.jpg
関連記事
コメント : 0
トラックバック : 0

コメント