自己修復中のたわごと

日々食べたものの記録と雑感など

シンガポール旅行 往路

11/6(日)の夜、自宅を出発してシンガポール5日間の旅へ出発。

今回は往路復路ともシンガポール航空利用で、往路は深夜関空発、翌早朝シンガポール着のフライト。
せっかく国際便に乗るんだしと、機内食は事前に特別食に変更をお願いしておいた。
(シンガポール航空で選択できる特別食はこちら

特別食は往路をベジタリアン・インディアンミール、復路をベジタリアン・オリエンタルミールでお願いしたら、往復とも同じ特別食に統一する必要があるそうで、ベジタリアン・インディアンミールで統一することに。

深夜便ということで、機内食のサービスが始まったのは日本時間の午前4時頃。
プレートをインディアンミールたしめるのは、ナン、パパドと「Panir Pasanda」(具がチーズのカレー)、「Dum Aloo」(具がジャガイモのカレー)のカレー2種と「Sultana Pulao」(干しぶどうのインド風炊き込みごはん)。
いかにも手作りっぽいパッケージのグリーンチリのアチャールが、容赦ない辛さなんだけど日本で食べたことのない深く複雑な味。
さすがSQ、細部に至るまで本物志向ですな。

ちなみに、特別食は一般の機内食のサービスの前に持ってきてくれるんだけど、周りは誰もサーブされてないのに一人カレーの香りを機内に漂わせているのはちょっと恥ずかしかったな。

---

これからしばらくシンガポール疾風編が続きます
海外旅行は思えば約10年ぶりでした





201111070401.jpg


関連記事
コメント : 0
トラックバック : 0

コメント