自己修復中のたわごと

日々食べたものの記録と雑感など

三宮 バーンタイ

劇場版ベルセルクって、尺が80分ってどうよ
しかも冒頭10分はWebで公開してるから、実質70分/\1,800だし…
というか、これ映画化する必要あったんか

---

11/25(金)のランチは、三宮のタイ料理「バーンタイ」に訪問。

この日のオーダーは「グリーンカレー」(2種の一品、スープ付きで\1,050)。
具は鶏、野菜、豚、海老、牛から選べるので、この日は豚で。
辛さは1~5で選べるけど、ここは問答無用で力強く「5で」とお願いする。
(ちなみに5をオーダーすると、店員さんから「本当に辛いですけど大丈夫ですか?」と確認が入る)

相変わらずここの辛さ5は容赦ない辛さ。
私以外すべて女性客で満席だったんだけど、ガンガン汗をかいてしまうのでちょっと恥ずかしかったかな。

この日カウンターで並びに座ったおとなしそうな女性が「ガパオ、辛さ20で…」とオーダーしてるのを耳にして、えっ?20って言った?聞き間違い…?と思ってたら、果たして彼女の前に登場したガパオは本当に辛さ20の凶暴なビジュアルのガパオだった。
彼女は涼しい顔で食べてたけど、辛い物好きには天井はないんですな。

というか、この店辛さ5以上が指定できるとは知らなんだ。
今度私も辛さ10くらいのガパオに挑戦してみようか。





201111251218.jpg


201111251241.jpg


関連記事
コメント : 0
トラックバック : 0

コメント