自己修復中のたわごと

日々食べたものの記録と雑感など

肥後橋 godaille

久しぶりに一人で京都に行ってきました
妙満寺までは行く気力がなかったので、来シーズンの課題ということにします

201202191023.jpg

---

12/1(木)のランチは、肥後橋のフレンチ「godaille(ゴダーユ)」に久々の訪問。

この週のテーマは「テリーヌ」ということで、この日の日替わりランチ(\800)は、「みかんのポタージュスープ」、「栗の入った仔羊のテリーヌ、マスタードとクリームのソース」、「白ワインとハチミツで辛く仕上げた大根と菜の花のフライ添え」といった面々。

みかんのポタージュって、まさに字面通りみかんの味のする熱いポタージュなんだけど、きちんと料理として成立しているのが不思議。
大根も、白ワインとハチミツでなんで辛くなるの?って思うけど、ちゃんとハチミツ&ワインの風味もしているのに、これまたなぜか辛い。
食べるたびに「???」という一品を、自分の中で由来を解析したり、アタマをひねったりと愉しい食事ができる店。
このような面白い趣向をたかだか\800で体験できるというのは、すごいことだと思う。

以前この店で定期的に開催している「料理のポイント講習会」に参加した時も思ったけど、ここのオーナーシェフって各々の食材の持つ味と、それらを組み合わせたらどういう味になるかというのを、調理前に頭の中で高い精度で組み立てられる人のような気がする。
もちろん今年(2012年)の料理のポイント講習会にもエントリ済みです。





201112011146.jpg


関連記事
コメント : 0
トラックバック : 0

コメント