自己修復中のたわごと

日々食べたものの記録と雑感など

北新地 和心 和奏

今何が一番欲しいかっていうと、グレフルチューチューですよ
\1,000くらいで見つけたら即買いしてるなぁ

---

4/10(火)のランチは、北新地の「和心 和奏(わごころ わかな)」に初訪問。

今やランチでの入店が困難になったイタリアン「il gradino」の系列店で、先日ランチメニューが一新されているのに気づき初めて店のノレンをくぐってみた。
以前の店名「個室和心 和奏」から”個室”がなくなっているように、個室での営業形態はやめたようだ。

ランチメニューは「ステーキランチ」(\1,000)の1種類のみ。
驚くべきことにデフォルトで250gという大盤振る舞いなのに、\300upで肉の量が1.5倍、\600upで2倍になるとのこと。
ごはんは白ごはんと炊き込みごはんのどちらかがチョイスできるとのことで、炊き込みごはん(この日はアサリの炊き込みごはん)をお願いした。

焼かれた肉は鉄板ジュージュースタイルで登場。ステーキと言っても薄切りで焼かれた肉がたくさん乗っている状態。
ソースはみじん切りのラッキョウをピクルスとして使ったオリジナルのソースが出されるが、卓上には塩と胡椒そしてワサビと醤油も用意されているので、味を変えながら肉をいただける。

肉は驚くべき肉質ではないものの、250gもあるとかなり食いでがあるのも確か。
ごはんのおかわりも自由なので炊き込みごはんをおかわりしてしまい、満腹になって完食。

この日店員さんの感じからはまだ試行段階にあるランチという雰囲気を受けたので、このエントリを作成した現在では内容は変わっているかも。
今でもこの内容のままなら、かなりお得なランチだと思う。





201204101158.jpg


201204101215.jpg


関連記事
コメント : 0
トラックバック : 0

コメント