自己修復中のたわごと

日々食べたものの記録と雑感など

本町橋 バビルの塔

仕事が忙しかったりでなかなか更新できませんでしたが、また少しずつ更新を開始します

---

4/12(木)のランチは、本町橋近くに突如出現した「スパイスカリー バビルの塔」に初訪問。

突如出現とは言っても以前からこの店のオープン過程をずっと定点観測しており、前の週に4/9オープンとの告知が出たのを機にはせ参じた次第。
レトロポップな品々が多数ディスプレイされたスペイシーな空間を、店主(店のblogでは塔主と自称されている)が一人で切り盛りされている。

基本カレーは「豆カリー」(\750)と「肉カリー」(\800)の2種類で、豆、肉とも日替わりで具材が変わるとのこと。
この日は豆が「なすびのオリーブ油炒め」で、肉が「チキンキーマ(塩麹漬け豆腐入り)」だったので、両者をミックスした「あいがけ」をお願いした(あいがけの場合は肉の価格が適用される)。
ライスは白米とジャスミンライスを選べるので、この日はジャスミンライスでお願いした(ライスもハーフ&ハーフが指定できるそうだ)。

カレーはオーダーごとに一人分ずつ小鍋で温められ、各種スパイスを入れてファイナライズするという最近流行の手法。
塔主はチリソース作りにはまったのがきっかけでカレーを作るようになったそうだが、彼の繰り出すカレーにはピーキーな部分はなく、まったり感もちゃんと醸し出されたかなりいいカレーじゃないだろうか。

食後塔主といろいろ話をしたのだが、この徳井町という町で店をしたいという想いがあって、やっと物件を見つけてのオープンになったとのことだった。
この界隈は谷町四丁目、堺筋本町、北浜、天満橋のちょうど中心あたりになるので正直アクセスはいいとは言えないのだが、カレーの完成度や塔主の語り口からはいい店になる予感がする。

私個人にとってもよく通る道にあることもあり、大事な店になると思う。
店のblogにはたこキーマやあさりキーマなど興味深いメニューが日々提供されているので、これからも定点観測しつつ足を運ぶつもりだ。





201204121201.jpg


関連記事
コメント : 0
トラックバック : 0

コメント