自己修復中のたわごと

日々食べたものの記録と雑感など

堺筋本町 スープカリー工房 華麗なるスパイス

5/9(水)のランチは、堺筋本町のスープカレー「スープカリー工房 華麗なるスパイス」に初訪問。

いつの間にかできていた店で、店頭にはNACSのドラマのポスターもあったが、特に北海道に由縁があるわけではないようだ。
通されたテーブルにはスプーン、フォーク、割り箸、紙おしぼり、紙エプロン、ティッシュ…と一通り揃っているのがうれしい。

スープカレーは具材が異なる4種からチョイスし、辛さをHOT 0からHOT 6までの7段階から選択、好みのトッピングを選択、ライスの量を4段階から選択する仕組み。
この日のオーダーは「チキンレッグと野菜のスープカリー」(\880)を、「HOT 5(激辛)」(\100up)、ライスは気持ち少なめの200gでお願いした。

ゴロッとした大きさにカットされた種々の野菜、たっぷりでほろほろのチキンレッグと定石通りのスープカレーで、辛さは激辛でも私にはうっすら汗ばむ程度。
スープそのものは少し粉っぽいというか舌にざらつきを感じるのが個人的にはちょっと惜しい。

野菜も摂れるしいい汗かけるしでなかなかいいランチじゃないだろうか。
もう少し全体的に価格が安ければ言うことなしかな。





201205091201.jpg


201205091200.jpg


201205091159.jpg


201205091222.jpg


関連記事
コメント : 0

コメント