自己修復中のたわごと

日々食べたものの記録と雑感など

堂島 鶴のす

ロマンチストも度を過ぎると現実見てない人

---

今日のランチは北新地近辺で摂ることに。
時間も遅かったのであまりクロールするとハマるなと思い、以前から気になっていた堂島アバンザ地下のロシア料理「鶴のす」に初訪問。

13:30頃入店してみると空き席はカウンターに一つだけだった。
オムライスと焼き飯は品切れだということだったので、店頭のPOPに書かれていた「いつものランチ(ボルシチ付き)」(ミンチカツ、ライス、ボルシチ小で\1,000)をオーダー。

じっくり調理するのか、出てくるまでに15分ほどかかった。
ボルシチはキャベツたっぷりで、少し酸味のあるまさにボルシチって味。

ミンチカツは木の葉型に揚げられておりかなり大きい。
ナイフとフォークで割ってみると、肉汁がドバーッと溢れるタイプではなく、みっちり具が詰まったタイプ。

しかしミンチカツが大きいので後半飽きるな…。
食べ終わった頃にはおなかいっぱいだった。

この店ロシア料理となっていて、ボルシチの他にピロシキのランチもあるんだけど、唐揚げランチとかカキフライランチとかもあって洋食屋と言ってしまってもいいと思う。
他の人が食べていた唐揚げやカキフライもかなりの量だったので、今度ガッツリ気分の時に唐揚げ食べてみようかな。




200611281347000.jpg

関連記事
コメント : 0
トラックバック : 0

コメント