自己修復中のたわごと

日々食べたものの記録と雑感など

四ツ橋 ラクシュミ

近所のTSUTAYAにTV見仏記のDVDを発見。いつか観れるだろうか。

---

昨日のお昼休みに同僚が船場カリーをテイクアウトしてオフィスで食べてるのを見て、激しくカレー欲が高まる。
そのため今日のお昼は外部での打ち合わせを無理やり設定して、カレーを食べに行くことに決定。

歩いて行ける肥後橋の「KALUTARA」(確か今日はスリランカランチの日)に行くか、地下鉄に乗って四ツ橋の「ラクシュミ」に行くか迷うが、キーマを食べたかったのでラクシュミに向かう。

オープン10分前の11:20にラクシュミに着いてみると、20人以上並んでる!ここってこんなに行列してたっけ?
もう一回地下鉄に乗って肥後橋に移動してKALUTARAに向かうか躊躇するが、初志貫徹ということでそのまま待つことにする。
オープン後も当然1回目のターンでは入店できず、トータル40分待って12時頃入店できた。

列に並んでるときに事前にオーダーを聞いてくれたので「キーマ普通ご飯少な目」(\780)を注文。
入店後10分ほどで出てきた。

キーマ、激しくウマイ。
非常に辛いのだが、スパイスが香り高く効いていて爽やかな味だ。
ラクシュミでは大半の客が「チキンカリー」を頼むのだが(そのため13時過ぎにはチキンは売り切れる)、私はいまだにチキンは未経験で、いつもキーマカリーかラムカリー(ラムカリーはない日もある)を食べてしまう。
いつかはチキン食べないとな…

このお店はあまり客がしゃべらず、みんな黙々と食べている。
カトラリーのカチャカチャという音の合間にケホケホと咳き込む音、ハァーッというため息(たいてい涙目で上を見上げている)、ズルズルと鼻をすする音が店を支配しているのが可笑しい。

いっぱい汗かいて気持ちよく店を出るとまだ10人ほど並んでる。
これほど混んでいてもお店はマイペースでビスタリを体現しているのだ。

ケータイでキーマの写真撮ったけど、店内が暗くてほとんど写ってなかったので今回は写真はなし(鬱)

関連記事
コメント : 0
トラックバック : 0

コメント