自己修復中のたわごと

日々食べたものの記録と雑感など

石垣島ラー油

大阪駅前第3ビルB2Fの「わしたショップ」をのぞいたら、以前から捜し求めていた「石垣島ラー油」を4月上旬に入荷予定!というPOPがあったので、早速その場で予約をしたのが先月(3月)の中頃。
oliveさんのblogで紹介されていたのを拝見して、その後ずっと探し回っていたのだ。

その後3週間ほど経って入荷しましたとの電話があったので、この日(4/21)の会社帰りに引き取りに行った。
お店に着いて「石垣島ラー油」(\819)とともに「ソーミンチャンプルーの素」(\189)もついでにゲット。

帰宅して一息入れた後、石垣島ラー油でソーミンチャンプルーを作ることに。
具は玉ねぎと青ねぎ、ハムといったシンプルな構成。

調理前に石垣島ラー油を舐めてみると、全然辛くはなく奥の深い味。
これはラー油として使うより、これ単体で使うべきだろう。

ソーミンチャンプルーの素を使ってちゃっちゃとソーミンチャンプルーを作って、仕上げに石垣島ラー油を回しかける。
容器の口が大きいため、ドバッと入れてしまいたくさん入ってしまった。

早速食べてみると、辛さは控えめだけどじんわりと香辛料の効いた味で納得の一品に仕上がった。
今日はチャンプルーの素を使ったけど、次回はラードと塩とかつおだしだけでベースを作ってみよう。





200704211854000.jpg



200704211921000.jpg

関連記事
コメント : 0
トラックバック : 0

コメント