自己修復中のたわごと

日々食べたものの記録と雑感など

関大前 タンダーパニー

PSP当たった

---

なんだか「北摂 ランチ」というキーワードで検索してこのページに来てくれる方々が多いみたいだ。
タイトルに北摂とあるのに北摂の情報はあまりなく、心苦しかったので今日のランチは新規開拓しようと決意。
昼前まで寝ていたがシャワーを浴びてクルマを出して、以前から気になっていた関大前「タンダーパニー」を訪れる。

何年も前からこの店の存在は知っていたし、以前は曽根に同名の店もあったのでいつか行ってみようと思っていたのだ。
関大前近辺はクルマで行ったことはなかったのだが、店はわかりやすい場所にあって、しかも店の斜め前にコインパークがあったのでそこにクルマを停めて店へ向かう。

この店はインド風カレーの専門店で、そのカレーも1種類しかなくあとはサイズ(小・普通・中盛り・大・特大)だけしか選択肢はない。
初めて食べるので量がわからなかったのだが、中盛り(\800)をオーダー。
店内はカウンターだけの狭い店だが、なぜか居心地がいい。

3分ほどで目の前に運ばれてきたカレーは中盛りでも思ったほど多くなさそうだった。
中央に煮込まれたチキンレッグが2本乗っており、付け合せにフルーツの小皿がついてくる。

食べてみると辛さはそれほどではなく、厳選された最小限のスパイスと玉ねぎや生姜の味がストレートに感じられ、以外にあっさりした味だった。
なんだか私が家で作るカレーと方向性が一緒でうれしくなる。

チキンレッグもスプーンだけで解体できるほど軟骨部分までホロホロに柔らかく、とてもおいしい。
最初の3分の1はそのままの状態でカレーを食べて、後半はテーブルに備え付けの玉ねぎのスライスをカレーに乗せて食べると、シャクシャクとした歯ざわりと玉ねぎの辛味がブレンドされて飽きずに最後まで食べることができた。
学生街だからもっと量が多いのかと思っていたが、それほどでもなく適量だ。

聞けばこの店のカレーには中毒性があり、この店のカレーが忘れられずに遠方からはるばる通う人もたくさんいるそうだ。
私には最初食べただけではそれほどの中毒性は感じられなかったが、またいつか食べたくなってくることになるんだろうな。

あ、いま気がついたんだけど、M三郎さんも同じ日に行ってらしたみたいです。



関連記事
コメント : 2
トラックバック : 1

コメント

私も今TBをさせていただこうとしていたのですが、何度やってもうまくいきませんでした。
もしかしたら互換性がないのかもしれませんね・・・

何年か後に必ずふと食べたくなりますよ(^^

>互換性がないのかも

残念ですm(__)m
以前グリルミヤコのときはうまくいったんですが…
また今度挑戦してみますね

トラックバック

今日のカレー:タンダーパニーのチキンカレー特盛り

タンダーパニーのチキンカレーの特盛りを昨日食べた。 現在のチキンカレーのラインナ...