自己修復中のたわごと

日々食べたものの記録と雑感など

高知 ひろめ市場

3/12(水)も高知での仕事。
この日のランチは仕事先の食堂で食べたカツカレーで、これに関しては割愛。

夕方に仕事が終わって、この日は一人で高知の夜を過ごすことに。
取引先の方にどこか一人で食事するとこでおすすめないですか?とうかがうと、「ひろめ市場に行かれてみてはどうですか?」とのことだったので、そういえばひろめ市場って名前は聞いたことあるし、前を通ったこともあるけど入ったことないな…と、ホテルに荷物を置いてから徒歩でひろめ市場に向かった。

ひろめ市場がどんな場所かは事前に聞いていたのだが、いわゆる観光市場でホールの壁に沿っていろんな店が構えられており、その店で買った食べ物を各自ホール中央のテーブルで食べるという仕組み。

高知だけあってやはり海産物系の店が多く、多くの店でカツオたたきやうつぼ唐揚げなどを出している。
また、ラーメンやうどん、たこ焼き、肉系から、はてはインド料理まである。

一通り見て歩いて、のども渇いていたし適当な店で「生ビール(中)」、「カツオ塩たたき」、「きびなごフライ」を注文して、テーブルに陣取る。

注文後出来上がったフードとドリンクは、お店の方がテーブルまで持ってきてくれるので、最初に生ビールを飲んで一息。
続いて出てきたカツオたたきは、こういった観光市場にもかかわらず価格も高くない(確か\700くらいだった)し、納得のうまさ。
やっぱカツオうまいな。私がノアなら箱舟にはカツオを優先搭乗させよう。

きびなごフライはレモンを絞ってソースでいただくのだが、きびなご自体に力があってソースを少しつけるだけでおいしい。

とりあえず、この2つを食べて次へ移るつもりだったので、完食して席を立つ(食べ終わった後の皿などはそのまま置いておけばスタッフの方が下げてくれる)。ここでのお会計は約\1,600。

次は何を食べようかと思い、カレー好きとしては高知でインド料理を食べるのも一興とインド料理のメニューを一瞥してみたが、タンドール物やパコダなどの一品は一人で食べるには量が多いか、何か別のものとセットになったりなどの商品設定だったので、チョイ飲みには向かないなと断念。
後ろ髪を引かれる思いでひろめ市場を後にした。






200803121722.jpg



関連記事
コメント : 0
トラックバック : 0

コメント