自己修復中のたわごと

日々食べたものの記録と雑感など

江坂 銀平

この春から何かが変わりそうな予感。それがいいことなのか悪いことなのか、楽しみにしているのか不安に思っているのかもわからないけど

---

3/15(土)のランチは和食の口の自分を発見して江坂の「銀平」へ。

この日の煮魚は「アラ炊き」か「根付きアジ」とのことだったが、アラ炊きの口ではないしアジは焼きたいな…と思った結果、もうそろそろ牡蠣も食べられなくなるしと「カキフライ定食」(\1,050)をお願いした。

カキフライはそれほど大きくないものが7つ。揚げ具合は非常によく、牡蠣のうまみが活性化されていていい出来。ただ、このサイズならもう2個ほどは数が欲しいな。
この店はごはんと味噌汁がちゃんとおいしいのもうれしい。

そういえば、この冬は仕事が忙しかったりで、例年取り寄せている佐藤養殖場の牡蠣を食べることができなかった。
注文そのものはネットで手軽に出来るんだけど、気持ちの余裕がなかったりするとそんなことさえ出来なくなる。
来年の冬は気をしっかり持って過ごそう。






関連記事
コメント : 0
トラックバック : 0

コメント