自己修復中のたわごと

日々食べたものの記録と雑感など

天満橋 ル・アルジャン

今は何も考えずに仕事に集中しよう

---

3/17(月)は天気のいい中、散歩がてら歩いて天満橋のフレンチ「ブラッスリー ル・アルジャン」へ。

12:45頃入店すると先客は4組ほど。この店は日によって混み具合にばらつきがあるな。

オーダーは私のいつもの定番「Bコース」(パン・前菜・メイン・ドリンク・デザートで\1,500)の「デザートなし」(\1,300)。
この日のメインは魚が「タラのポワレ」(だったと思う…)、肉が「牛ロースのストロガノフ」。
ランチの牛肉料理はいつもボリューミーなものが多いので、この日は肉をチョイス。

この日は厨房に他店の方がヘルプで入ってられたようで、オーナーシェフが前菜を盛りながらヘルプの方に「最近みんなネットで見はるから、豪勢にしとかんとな~」とか話している声が聞こえてくる。
そんなこと聞いちゃうと写真取りにくいな…と少し緊張してしまう。

この日の前菜は豆のスープ、エスカベシュ、牡蠣と白子のグラタン、帆立貝、ホタルイカ等々、いつもながらボリュームいっぱい。
牡蠣と白子のグラタンは軍艦1カン分ほどの生ウニが乗った豪勢なもの。

メインの牛ロースのストロガノフは、思ってたほどの量ではなかったが十分な量。
ただ少し塩気が強かったかな。

いつもこの店の前菜は魚系で構成されることが多いので、いつもメインは肉系にすることが多いんだけど、メインを魚でオーダーしたら前菜は肉系で盛られてくるんだろうか。






200803171305.jpg



関連記事
コメント : 0
トラックバック : 0

コメント