自己修復中のたわごと

日々食べたものの記録と雑感など

高知出張

もう忘れよう、ではなくちゃんと背負って生きていきます

---

3/25(火)は高知へ日帰り出張。
この日は仕事に集中していたので結局昼ごはん抜き。

でも、昼を抜いても仕事をがんばって片付けたのは、仕事を早めに終えて飛行機の時間までほんの少しだけでも自由時間を取りたかったから。
その甲斐あって早くに仕事を終えることができたので、前回高知に出張した時に訪問して感動した居酒屋へ再訪することにした。

普段は予約が必要なほど賑わっている店だが、夕方の早い時間なので余裕でカウンター席に座ることができた。
とは言え、飛行機に乗り遅れちゃ洒落にならないし、時間を気にしながらの短期決戦だ。

オーダーは生ビールとカツオ塩タタキ、ドロメ、メヒカリをお願いする。
一日働いた後の生ビールは本当にうまい。
塩タタキは前回食べたときよりほんの少し塩が強めだったが、やはりおいしいことこのうえない。
しかもオーダーが通ってからカツオを炙るみたいで、皮目がほんのり暖かく皮の下のうまみを味わえる。

ドロメは前回食べたヌタと別皿でポン酢も出してもらった。ポン酢でも食べてみたけどこれは絶対ヌタの勝ち。ポン酢もおいしいのだが、なんだかどこにでもありそう味になってしまう。
メヒカリはいかにも深海魚って感じの油っぽい臭みが少しあるけど、これが深海魚の醍醐味。
炙り具合がとてもよく身は弾力があり、塩の塩梅も申し分ない。

生ビールの後は焼酎へ移行。栗焼酎を頼んだらこの日はダバダ火振があるとのことだったので、それは重畳とダバダを水割りでお願いする。
ダバダを飲むのは久しぶりだけど、やっぱ好きだな。今度手に入れて家でも飲むことにしよう。

そうこうしているうちに店を出て空港に向かわなければならない時間が近づいてきた。
その時ひらめいてお寿司系のテイクアウトはできますかと聞いてみると、全然OKとのことだったので飛行機の中か帰宅後に食べようと「焼きさば寿司」と「土佐巻き」をテイクアウトでお願いした。

お寿司を受け取ってお会計は約\5,000。ちょっと散財したけどまったく後悔はない。
その後飛行機に乗ったけど、たかだか40分のフライトの間にお寿司を食べるのは気ぜわしいなと、結局帰宅してから食べた。
やはり日帰り出張って疲れる。でも、自宅で食べる高知の味は一日がんばった自分へのご褒美。






200803251725.jpg



200803251730.jpg



200803251804.jpg



関連記事
コメント : 0
トラックバック : 0

コメント